痔の種類

 

痔には次のような種類があります。

 

いぼ痔(痔核)

 

痔核ともいいます。 痔のなかで一番多く、痔の患者さんの約半分はいぼ痔です。 いぼ痔はさらに直腸側にできる内痔核と、肛門にできる外痔核とに別れます。

便秘、硬い便、下痢、いきみのくり返しなどが原因です。 また、重い物を持ったときなどに肛門に負担がかかると、肛門クッションが腫れていぼ痔になることもあります。

 

痔核が大きくなると肛門から脱出するようになります。 それが次に説明する出痔です。

 

出痔(脱肛)

 

内痔核が排便などが原因で肛門の外に出てしまったものを出痔といいます。 脱肛ともいいます。 出痔もいぼ痔の一種だということですね。

 

切れ痔(裂肛)

 

硬い便や激しい下痢などで肛門の皮ふが切れて起こります。 便秘がちの人は便が硬い傾向があるので、便秘の人や女性に多い痔です。

出血は少ないですが、排便時に痛むことが多く、排便後もしばらく痛みが続きます。

急性のものと慢性のものがあります。 慢性化すると潰瘍になることもあり、場合によっては手術が必要です。

 

痔ろう(穴痔)

 

肛門腺(直腸の終わりあたりにある、粘液を分泌する小さな穴)に細菌が入ることにより、肛門腺が化膿することを痔ろうといいます。 男性に多い痔です。

アルコールの摂りすぎやストレスによる下痢が原因になることが多いです。 下痢をすると肛門腺に細菌が入りやすくなるからです。

 

その他の痔

 

嵌頓痔核

肛門から脱出した痔核が肛門括約筋で締めつけられ、うっ血、むくみ、血栓形成などが起き、腫れや出血をともなって激しく痛みます。 

無理に痔核を戻そうとすると、かえって悪化させてしまうことがあります。

 

はしり痔

はしり痔とはいぼ痔のことです。 内痔核から出血すると血がシュッとほとばしるように出るのではしり痔と言われるそうです。

 

 

いぼ痔・切れ痔・軽度の出痔でしたら痔の漢方薬 ピーチラック乙字湯が効きます。 私もピーチラックで治しました。 その時の体験談はこちらの記事☟に書いてありますのでよかったらどうぞお読みください。

 

トップページ(ピーチラックの解説)へ移動

 

 

痔の種類 はコメントを受け付けていません。 痔の種類