ピーチラックは妊娠中に飲まないほうがいいのか?

 

結論を先に言いますと、妊娠中にピーチラックは絶対に飲まない方がいいです。

 

理由は、ピーチラックに使われているダイオウ(大黄)という生薬にあります。

 

ダイオウという生薬は下剤のような働きをし、便秘を改善する効果があるのですが、子宮を収縮させる作用や骨盤内臓器を充血させる作用もあるのです。

ですから、妊娠中にダイオウを摂ると流産や早産になる危険性があるので妊婦さんはピーチラックを飲まない方がいいのです。

骨盤内臓器とは、骨盤の中にある臓器のことです。膀胱・尿道・直腸・肛門の他に、女性では卵巣・子宮・卵管・膣などがあります。

 

ピーチラックの説明書や公式サイトのQ&Aにも、妊婦が飲むと流産・早産になる危険性があると書いてあります。

妊娠中はダイオウを含む薬は絶対に飲まないようにしましょう。

 

ダイオウ(大黄)を含む薬は他にもいろいろある

 

ダイオウが使われている薬は他に次のようなものがあります。 妊娠中の方が薬を飲む時は、飲む前に薬の容器や説明書をよく読んでダイオウが使われていないか確認するようにしましょう。

 

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

これは名前の初めに大黄が入っているのですぐわかりますね。

漢方の便秘薬です。 大正製薬・タケダ・ツムラなどいろいろな有名な製薬会社が販売しています。

 

大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)

生理不順・生理痛・便秘に効く漢方薬です。 これも名前に大黄が入っていますね。 ツムラなどが出しています。

 

桃核承気湯(とうがくじょうきとう)

生理不順・生理痛・便秘・イライラなど女性特有の症状に効果がある漢方薬です。 すぐ上の大黄牡丹皮湯に似ていますね。

 

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)

のぼせ・イライラ・高血圧・肩こり・めまいなどに効果がある漢方薬ですから、主に更年期障害でお悩みの方向けの薬です。

 

命の母

更年期障害といえば、CMでおなじみの命の母にも、実はダイオウが使われています。

更年期障害の薬ですから、妊婦さんが飲むことはないと思いますが、このように一見漢方薬ではないような薬にもダイオウが使われていることがあるので、薬の成分表は必ずチェックするようにしましょう

 

応鐘散(おうしょうさん)

便秘・肩こり・のぼせに効く漢方薬です。 有名なメーカーからは出ていないようですが、楽天などで買うことができます。

 

大承気湯(だいじょうきとう)

便秘・イライラ・高血圧に効果がある漢方薬です。 こちらも更年期障害の人が飲むといいみたいです。

 

まとめ

 

このページに書いたもの以外にもダイオウが使われている薬はたくさんあります。

命の母のように、漢方薬に見えなくてもダイオウなどの生薬が使われている事もあるので、特に妊娠中はよく調べてから薬を購入するようにしましょう。

 

 

ピーチラック体験レポートはこちらです